らびっとクリニック院長の医療雑話

診療雑話season1ーふたりの筋痛症(4)

投稿日:2013/3/17

板見のおばあちゃんは今日もお嫁さんに小言を言っています。
「今度の大学病院では何か異常でもみつかったの。あなたのイタイイタイ病に毎日付き合っていると、こっちがどうかしちゃいそうよ。今度のおじいさんの七回忌の案内はもう準備してくれたの。ギリギリになったんじゃみんなが迷惑するのよ。それにいつまで朝の片付けをダラダラやってるの。」
お嫁さんは、おばあちゃんの話を聞くともなく受け流しながら、朝の洗い物をだるそうにしていました。手荒れがひどいので時間が人一倍かかるのです。
「そういえばお隣のハルコさんはすっかり痛みが消えたらしいわよ。近所にできたリウマチクリニックですぐに診断がついたのよ。リウマチ性何とか症っていう病気で薬がすごく効いたんだって。あんたもちょっとみてもらったらどうなの。もう大病院通いばっかりしてたんじゃ時間ばかりかかって家のことが少しもできないでしょう。」

お嫁さんのタエコさんはおばあちゃんのキンキン声のせいで余計に耳と頭の痛みが強くなるのに苛立ちながらも、
「そうですね。おばあちゃんに家事のことをお願いしてばかりで本当にすみませんねえ」と気配りをして見せました。今日も午後から肩が抜けそうに重くなる予感にうんざりしながら。(この物語はフィクションであり、実在の人物・団体とは一切関係ありません)

何故らびっと? Concept 院長ブログ 医療雑話 クリニックからのお知らせ Doctor's Fileにて紹介されました
↑