らびっとクリニック院長の医療雑話

落語の楽しみ

投稿日:2018/11/15

最近1970−80年代の志ん朝の落語を聞いて夜更かししています。その昔高校生の頃文化祭の出し物で俄仕込みの「時そば」を体育館で演じたことがありました。たった一度きりの「高座」でしたがとても楽しい経験でした。

最近たまたま見たNHKのドラマ「昭和元禄落語心中」がとても面白くはまってしまい、原作の漫画を一気読み。それでも飽き足らずYoutubeで昔の落語を漁り見ています。江戸時代や明治の江戸っ子庶民のおかしいような悲しいような切ないような風俗がとても美しい。おかしさと哀しさが一体となっているからこそ愛おしいのです。数ある名人の中でも志ん朝が私は一番好きなのです。テヤンデェイ!

何故らびっと? Concept 院長ブログ 医療雑話 クリニックからのお知らせ Doctor's Fileにて紹介されました
↑