らびっとクリニック ロゴ
内科・リウマチ科らびっとクリニック
Home 診療案内 医師紹介 診療内容 クリニックアクセス 医療雑話
Home > 診療内容
わたしたちは、地域医療のゲートキーパーをめざします。
 わたしたちは地域のかかりつけの内科診療所としてお役に立ちたいと願っています。一般的な熱性疾患、感染症、生活習慣病を診ると同時に地域の診療所と病院をつなぐゲートキーパー(案内人)の役割を果たしたいと思います。
わたしたちは、痛みと向き合う内科の診療所です。
 わたしたちはリウマチ科診療所として、安全で質の高い専門医療を提供します。リウマチ科とは、単に関節リウマチだけを診る科ではありません。筋・骨格系の炎症(痛み・腫れ・発熱・発赤・機能障害)をひきおこす多くの全身性疾患を総合的に診療する科です。

 痛みを引き起こす原因は多種多様です。骨折やケガによる外傷性の痛み、心臓の血管の問題で起こる狭心症の痛み、胃潰瘍や胆石症などの内臓痛、腫瘍による癌性疼痛、帯状疱疹の後に起こる神経痛など、その原因も治療法もさまざまです。わたしたちはこれらすべての痛みに対応できるわけではありませんが、全身におよぶ痛みの原因を調べ、炎症が原因で生じる筋肉痛や関節痛については私たちリウマチ医が最も的確な治療ができると自負しています。

 わたしたちのクリニックでは炎症性の筋肉痛や関節痛のみならず、不明熱やだるさ・疲れやすさといった、からだ全体におよぶ多彩な症状を診療いたします。全身のいたみや発熱、皮膚・粘膜の症状のかげにさまざまな重大な病気(感染症、代謝内分泌疾患、血液疾患、悪性腫瘍)が隠れていることがあり、このような疾患を見極めていくこともわたしたちの役割と考えています。さらにからだの痛みとこころの痛みは密接に関わっているため、こころに対するケアを大切にしたいと考えています。

日本リウマチ友の会埼玉支部で行った医療講演の要旨(2015年4月29日)

対象疾患・得意分野
一般内科領域
感染症(各種ウィルス性感染、細菌性感染による気道感染症、尿路感染症など)
生活習慣病(高血圧、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症、骨粗鬆症、喫煙など)
リウマチ科領域
関節炎疾患
関節リウマチ、回帰性リウマチ、変形性関節症、肩関節周囲炎
リウマチ性多発筋痛症、RS3PE症候群
結晶性関節炎(痛風、偽痛風)、溶連菌感染後反応性関節炎
細菌性関節炎、ウィルス性関節炎
線維筋痛症
脊椎関節炎
強直性脊椎炎、反応性関節炎、腸炎関連関節炎、乾癬性関節炎、SAPHO症候群
膠原病および類縁疾患
全身性エリテマトーデス、多発性筋炎/皮膚筋炎、全身性硬化症(強皮症)、血管炎症候群(ヘノッホ・シェーンライン紫斑病、顕微鏡的多発血管炎、肉芽腫性多発血管炎〈ウェゲナー肉芽腫症〉、チャーグ・ストラウス症候群、結節性多発動脈炎、高安動脈炎、巨細胞動脈炎)、シェーグレン症候群、抗リン脂質抗体症群、ベーチェット病、混合性結合組織病、成人スティル病、再発性多発軟骨炎、自己炎症症候群(家族性地中海熱)、IgG4関連疾患、サルコイドーシス、Weber-Chritian病、Sweet病

このページの先頭へ

Copyright(C)2012 Rabbit Clinic All Rights Reserved.