らびっとクリニック ロゴ
内科・リウマチ科らびっとクリニック
Home 診療案内 医師紹介 診療内容 クリニックアクセス 医療雑話
Home > 医師紹介 > 学会・主な業績
院長  森口 正人(もりぐち まさと)
所属学会
日本内科学会
日本リウマチ学会
日本臨床免疫学会
日本線維筋痛症学会
日本心療内科学会
主な業績
著書・総説  
  森口正人, 寺井千尋: 知っておきたいことア・ラ・カルト 巨細胞動脈炎(側頭動脈炎). Medical Practice. 26: 1228-1230, 2009.
  森口正人: AAアミロイドーシス関連遺伝子. 炎症と免疫. 17: 243-245, 2009.
  森口正人: 関節リウマチ. In 市田公美, 細山田真(編): 薬学生のための新臨床医学-症候および疾患とその治療. 東京,廣川書店,2009,p.209-214.
  森口正人: リウマチ性多発筋痛症.In 東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター(編):膠原病・リウマチ診療 改訂第2版-Evidence Based Medicineを活かす.東京,メジカルビュー社 2007, p.226-234.
  Moriguchi M, Chauhan N, Finnegan A, Strober W, Frucht DM, Gadina M, O’Shea JJ: Interleukin-12, Interleukin-23 and Interleukin-27. In Josef S. Smolen and Peter E. Lipsky (Eds.): Targeted Therapies in Rheumatology. London, Martin Dunitz. 2003, p.243-257.
原著論文  
  Moriguchi M, Hissong BD, Gadina M, Yamaoka K, Tiffany HL, Murphy PM, Candotti F, O'Shea JJ: CXCL12 signaling is independent of Jak2 and Jak3. J Biol Chem. 280: 17408-17414, 2005.
  Moriguchi M, Terai C, Kaneko H, Koseki Y, Kajiyama H, Uesato M, Inada S, Kamatani N: A novel single-nucleotide polymorphism at the 5'-flanking region of SAA1 associated with risk of type AA amyloidosis secondary to rheumatoid arthritis. Arthritis Rheum. 44: 1266-1272, 2001.
  森口正人: SAA1およびSAA2遺伝子型が慢性関節リウマチ続発性AAアミロイドーシスの発症と発病までの期間に与える影響. 東京女子医科大学雑誌. 71, 502-503, 2001. (博士論文)
  Moriguchi M, Terai C, Koseki Y, Uesato M, Nakajima A, Inada S, Nishinarita M, Uchida S, Nakajima A, Kim SY, Chen CL, Kamatani N: Influence of genotypes at SAA1 and SAA2 loci on the development and the length of latent period of secondary AA-amyloidosis in patients with rheumatoid arthritis. Hum Genet. 105: 360-366, 1999.

このページの先頭へ

Copyright(C)2012 Rabbit Clinic All Rights Reserved.